WiMAXとWiMAX2で制限が違います。

WiMAXとWiMAX2で制限が違います。

WiMAXとWiMAX2で制限が違います。

高速通信が出来るWiMAXには、WiMAXとWiMAX2とゆう2種類の方式があります。最大40Mbpsまで速度が出るWiMAXに関しては、通信速度制限とゆうものがありません。毎日いくら使用しても制限がかからないので非常に便利に使用できますので自宅のインターネットをWiMAXに返る人も多いようです。

 

一方WiMAX2ですが、こちらは最大110Mbpsの超高速通信が出来るようになっています。現在はまだ速度制限はかけていませんが、使用し始めてから25ヶ月後には1ヶ月のデータ使用料が7GBを超えた場合に速度制限をかけるとゆう案内が公式に発表されています。

 

7GBを超えた場合、128Kbpsとゆう低速通信に強制的に切り替わってしまうため、メールくらいしかまともに使用できなくなる恐れがあります。特に動画などを頻繁に見られる人や、複数の機器をWiMAX2のルーターに接続して使用している場合は一気にデータ使用料が上がりますので7GBを超える可能性があります。

 

ただ、WiMAX2にはWiMAXへ電波を切り替えて使用するノーリミットモードがあるので、もしWiMAX2で速度制限がかかってしまった場合でもWiMAXへ切り替えて使用すれば、多少速度は落ちますが速度制限なく使用が可能になります。

 

新発見!WiMAX回線でもオンラインゲームが快適にできる!

関連ページ

自宅のネット回線をWiMAX2+にした方がいい人の特徴
WiMAX2+が開始されてだいぶ期間が経ちました。最近は速度制限なしの新料金プランとしてUQ Flatツープラス ギガ放題プランも発表されました。またそれに合わせて新端末も続々発売されています。新プランや、新端末、通信環境などWiMAXを取り巻く環境はだんだんと変わってきています。そんなWimaxですが、普段の使用方法によってあまり向いていない方と、逆にWimax2+が向いている人がいます。Wimax2+はいったいどういった人に向いているのでしょうか。
WiMAXとLTE、Wi-Fiの違い
LTEやWi-Fi、WiMAXといった通信方式のことをご存じでしょうか?Wi-Fiはすでにみなさんの生活に溶け込んでいると思います。要するに無線LANの規格で、Wi-Fiを利用することで様々なデバイスをインターネットや家庭内LANに接続させることができます。十数年前に比べ格段とデバイスにかかる費用も下がったため、一般人も積極的に利用するようになりました。ですが、残念ながらその飛距離は決して高いものではなく、それを改善すべくできあがったのがWiMAXです。
WiMAXを解約する際に必要なお金
とても便利なWiMAX。しかし、解約をする場合においては、少し注意が必要になります。契約の料金プランにおいて、解約金が違うものの、どのプランにおいても解約金がかかってくる場合があるからです。まず、UQ Flat 年間パスポート(特約適用)の場合においては、契約から1年未満で解約した場合、最も高い解約金である9,500円(税抜)が発生します。これは、年間パスポート解除料に特約が適用されたうえ、年間パスポート解除料が発生するからです。
途中解約がしやすいリーズナブルな解約金
WiMAXの解約金は他のインターネット接続サービスに比べて非常にリーズナブルです。UQWiMAXでの通常の年間パスポートによる利用の場合、解約金が0円になる月以外の日に解約をした場合は、5000円の金額を支払わなければなりません。
ホーム RSS購読 サイトマップ